« マイリスト「野の記憶―日記から」に「ETV特集<焼け跡から生まれた憲法草案>を見た!―”押し付け”ではなかった日本国憲法」を登載しました | トップページ | マイリスト「短歌の森」に「戦後の昭和天皇の短歌―その政治的メッセージ性(2)」を登載しました。 »

2007年2月20日 (火)

2月16日登載のETV特集「焼け跡から生まれた憲法草案」を見た!の記事訂正のお詫びです。

表題記事中の人名に関して、不注意と勘違いにより一部訂正をいたしました。関係の方には、ご迷惑をおかけしましたこと心よりお詫び申しあげます。

|

« マイリスト「野の記憶―日記から」に「ETV特集<焼け跡から生まれた憲法草案>を見た!―”押し付け”ではなかった日本国憲法」を登載しました | トップページ | マイリスト「短歌の森」に「戦後の昭和天皇の短歌―その政治的メッセージ性(2)」を登載しました。 »

コメント

鈴木安蔵と同じ町(福島県小高町)小さな町なので従弟2人が帝大に入学したことから評判でした、実家は林という屋号の薬局でしたので、別名「赤チン(消毒薬)薬屋」と呼んでいました。なんの違和感をもっていませんでしたが、京都学連事件で逮捕されたが通常の「赤」のレッテルをつけずに「赤チン」と呼んでたのではないか思います。同地は農民運動も盛んであり、「赤」という犯罪者同等の攻撃はできなかったのではと思います。安蔵さんが実家に帰るときは子供たちの「肝だめし」も3人以上が集まることが出来なかった。此れも戦後になって判った次第。

投稿: 石崎政治 | 2007年8月22日 (水) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マイリスト「野の記憶―日記から」に「ETV特集<焼け跡から生まれた憲法草案>を見た!―”押し付け”ではなかった日本国憲法」を登載しました | トップページ | マイリスト「短歌の森」に「戦後の昭和天皇の短歌―その政治的メッセージ性(2)」を登載しました。 »