« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月26日 (月)

マイリスト「短歌の森」に「戦後の昭和天皇の短歌―その政治的メッセージ性(2)」を登載しました。

第2回は、「天皇は平和主義者だったのか」について検証しました。
・あめつちの神にぞいのる朝なぎの海のごとくに波たたぬ世を(1933年歌会始「朝海」)
・峰づづきおほふむら雲ふく風のはやくはらへとただいのるなり(1942年歌会始「連峰雲」)

 昭和天皇は、このような短歌に「平和への祈り」「平和への願い」を託したが、その祈りもむなしく、ことごとく志に反して、戦いの渦に巻き込まれていった、という論調が氾濫しているが・・・。

| | コメント (0)

2007年2月20日 (火)

2月16日登載のETV特集「焼け跡から生まれた憲法草案」を見た!の記事訂正のお詫びです。

表題記事中の人名に関して、不注意と勘違いにより一部訂正をいたしました。関係の方には、ご迷惑をおかけしましたこと心よりお詫び申しあげます。

| | コメント (1)

2007年2月16日 (金)

マイリスト「野の記憶―日記から」に「ETV特集<焼け跡から生まれた憲法草案>を見た!―”押し付け”ではなかった日本国憲法」を登載しました

2007年2月10日放送のNHK・ETV特集「焼け跡から生まれた憲法草案」を見みました。GHQ草案に先駆けて発表された「憲法調査会」による憲法草案の先進性に迫る、見ごたえのある好番組でしたが。
(目次)
鈴木安蔵との出会
憲法調査会の7人
「憲法草案要綱」の先進性
「押し付け」憲法との言葉を避けたのは

| | コメント (0)

2007年2月 8日 (木)

マイリスト「野の記憶―日記から」に「はじめてNHK放送センターに入る―「ワーキングプア」をめぐる「ふれあいミーティング」に参加して―」を登載しました

2月3日午後、NHKスペシャル「ワーキングプアⅡ―努力すれば抜け出せますか」(2006年12月10日放送)をめぐる「ふれあいミーティング」に参加した。公募した視聴者とNHK番組関係者が直接話し合うという趣旨のイベントである。私は、NHK番組改変の高裁判決が出たばかりのこともあって、どうしてもいいたいことがあった。

| | コメント (0)

2007年2月 7日 (水)

マイリスト「野の記憶―日記から」に「久しぶりに池袋ジュンク堂書店へ」を登載しました

ジュンク堂池袋店で「いま、天皇制を問いなおす本」のコーナーが特設されている。季刊誌『前夜』10号の「特集靖国・教育・天皇制」にちなんだアンケート「いま、天皇制を問いなおす本」に、きどのりこさんと田中伸尚さんが拙著『短歌と天皇制』をあげてくださっているというので出かけてみた。

| | コメント (0)

マイリスト「野の記憶―日記から」に「NHK番組改変問題、東京高裁判決、喜んではいられない!」を登載しました。

判決全文を読むと番組への政治介入の軌跡がよくわかる。
(目次)
バウネットは全面勝訴といい、安倍首相も胸を張る、この判決って?
判決の鍵は「期待権」と「編集の自由」
「編集の自由」の放棄と「期待権」の侵害の根源は政治介入だった
メディアの論調
判決文「事実経過」に見えた政治介入の軌跡
これから何を

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »