« 「やっぱり、おかしいNHK7時のニュース」のその後の結末、何が変わったのか ~担当者の処分?決定したというが | トップページ | ドイツ気まま旅(3)ドレスデン、マイセン »

2008年10月10日 (金)

「やっぱりおかしい、NHK7時のニュース」のその後の結末、新聞、テレビ報道へ

 さきに、NHKからの担当者・監督責任者の処分の連絡があったこと、「東京新聞」の取材を受けたこと、10月9日夕刊で記事になったことはお知らせしましたが、きょう10月10日朝刊の朝日、読売、毎日で記事になっているのがわかりました。また、ネット上では、時事通信からの配信がなされていることも知りました。ただし、「東京」以外の記事は、いずれも、「東京」の後追いと思われ、NHK広報部の取材のみで、当方への取材はありませんでした。
 なお、偶然でしたが、朝食準備中、テレビ朝日「やじうまプラス」7時20分ころ、「東京新聞」の記事をネタに放送しているのを見ました。吉永みち子ら3人のコメンテイターが「NHK職員の本音が出たかもしれない」などと盛り上がっていました。今回のことで、多くのブロガーの方々のご支援をいただきました。ありがとうございます。これらの記事やこれまでの経過については、たとえば、「大津留公彦のブログ2」(10月10日付)に詳しく書かれています。
 私が提起したかったNHKの報道姿勢の問題は改善されたわけではありませんが、これからもマス・メデイアの問題として、注視していきたいと思います。

|

« 「やっぱり、おかしいNHK7時のニュース」のその後の結末、何が変わったのか ~担当者の処分?決定したというが | トップページ | ドイツ気まま旅(3)ドレスデン、マイセン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「やっぱり、おかしいNHK7時のニュース」のその後の結末、何が変わったのか ~担当者の処分?決定したというが | トップページ | ドイツ気まま旅(3)ドレスデン、マイセン »