« 避難所の非常時登庁訓練に参加しました | トップページ | 8・15が過ぎてゆく~二つの特集番組をみました »

2013年8月11日 (日)

『天皇の短歌は何を語るのか』(御茶の水書房)刊行のご案内

猛暑お見舞い申し上げます。

このたび、『天皇の短歌は何を語るのか』が上梓の運びとなりました。『短歌と天皇制』(1988年)『現代短歌と天皇制』(2001年)につづくテーマですが、店頭で手に取ってご覧いただければうれしいです。じっくり読もうと、もし思われましたら、ご購入いただければありがたいですが、なにせ 高額なものですので、近くの図書館にリクエストしていただければ幸いです。

本書には、今回初めて、索引を付しました。人名索引だけですが、面倒な作業となりました。ミスなどないか心配です。

また、短歌総合誌などに寄せたエッセイなど幾つかを、コラムとして収録しました。相変わらずながら、多くの図表や年表を作成いたしましたので、本文の補足になれば何よりと思っています。

このような表紙のカバーとなりました。若生のり子さん、ありがとうございました。菊をテーマに、重くならず、「青い花火」のような涼しさも感じられますが。

Gedc3173_2

<御茶の水書房HP>よりNEW
『天皇の短歌は何を語るのか
―現代短歌と天皇制』

         著者:内野光子
    2013年8月刊行
       定価:3990円(本体3800円+税)
    ISBN:978-4-275-01044-5

*****************

『天皇の短歌は何を語るのか―現代短歌と天皇制』 目次

Ⅰ.天皇の短歌は何を語るのか―その政治的メッセージ性

1.昭和天皇の短歌は何が変わったのか

.象徴天皇の短歌―皇統譜と護憲とのはざまで

3.天皇の短歌、福祉・環境・災害へのまなざし

4.天皇の短歌、平和への願いは届くのか 

Ⅱ.勲章が欲しい歌人たち―歌人にとって「歌会始」とは
1.勲章が欲しい歌人たち
2.芸術選奨はどのように選ばれたか
3.戦後64年、歌会始の現実
4.「歌会始」への無関心を標榜する歌人たち
.「歌会始」をめぐる安心、安全な歌人たち
6.東日本大震災後の歌会始
7.「社会詠」論議の行方                                                                     

Ⅲ.メディア・教科書の中の短歌
1.短歌の「朗読」、音声表現をめぐって 
2.竹山広短歌の核心とマス・メディアとの距離  
3.教科書の中の「万葉集」「短歌」  
.主題の発見―国家・政治・メディア
5.中学校国語教科書の中の現代歌人―しきりに回る「観覧車」

Ⅳ.『ポトナム』をさかのぼる
1.小島清、戦前・戦後を「節をまげざる」歌人
.『ポトナム』時代の坪野哲久 
.内閣情報局は阿部静枝をどう見ていたか―女性歌人起用の背景―  
4.醍醐志万子―戦中・戦後を一つくくりに
.『昭和萬葉集』に見る『ポトナム』の歌~第五巻・第六巻
  
(一九四〇~一九四五年)を中心に

コラム7件
図表・年表13件 

あとがき
人名索引

***********

家の前の駐車場側溝の根性スイカ、二つ目はかなり大きくなりそうです。三つ目がすでに向うがわに実り始めました。一つ目は、大きくならない前に、満身創痍、朽ちてしまいました。

Gedc31752_3





|

« 避難所の非常時登庁訓練に参加しました | トップページ | 8・15が過ぎてゆく~二つの特集番組をみました »

コメント

 書店の店頭で「天皇の短歌は何を語るのか」を見つけて購入しましたが、97頁については同意しかねます。
 ーつぎつぎと明らかになる旧ソ連や東欧諸国の旧社会主義体制の暴力性を認めるわけにはいかない。
 というのは、ボリシェヴィキ体制の「暴力性」を「認めないわけにはいかない。」でないと、ああいう体制の「暴力性」を「認める」としか読み取れませんが、今時如何なものでしょうか。「唯物史観」でいうところの「社会主義体制はブルジョワ民主主義より進んでいる」という事でしょうか?
 「収容所列島」と「日本の『学生運動』や『新左翼』とが本質を一にする」のは当然ではないでしょうか。ボリシェヴィキの持つ自己中心的な「暴力性」は内ゲバにも見られるのですから。それとも未だに「マルクス・レーニン主義は宇宙の真理」とでもお思いですか?当方はナチス用語でいう「指導者原理」とボリシェヴィキ体制の「個人崇拝」原理の違いが分かりません。
 ー各国、各地域での「人権や民主主義」の有りようを少しでも知れば
 というのは、ロシアや中国、北朝鮮などでは「人権や民主主義」は他の国、例えば日本とは違うという事でしょうか?自称唯物史観は当方には分かりかねますが、「在特会」あたりの「朝鮮人は野蛮人」というのと共通しているようにしか思えませんが、如何なものでしょうか。

投稿: 「天皇の短歌は何を語るのか」を読みました。 | 2013年9月 9日 (月) 22時03分

本日、著書拝見いたしました。
哲久さんの「ポトナム」入会時期に関しましては山本さん始め1926年赤彦没後とされておりますが、文献的には「ポトナム」1925年11月号掲載の「ポトナム十月歌會」に歌会に参加した旨記されております。以降1926年1月号には同11月歌會参加の記載が、以降ほとんど毎月哲久さんの名前は掲載されております。(但し同年5.6月号には未掲載)このことより『坪野哲久』(志賀町立図書館)2007年
年譜には、ポトナム参加は1925年となっております。

投稿: 風尋舎 | 2013年8月18日 (日) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 避難所の非常時登庁訓練に参加しました | トップページ | 8・15が過ぎてゆく~二つの特集番組をみました »