« ミュンヘンとワルシャワ、気まま旅(2) | トップページ | ミュンヘンとワルシャワ、気まま旅(4) »

2018年5月20日 (日)

ミュンヘンとワルシャワ、気まま旅(3)

Img407_3「見取り図」再掲

ゲオルク・エルザ―の独房に遭う

 展示室③を出ると、1997年に設置されたという、ダッハウの犠牲者慰霊碑④が目に入る。高圧電流の通る有刺鉄線を越えようとして、命果てた人々を表現したという。

Dscn1442_2

Dscn1444_2

 収容者の点呼がなされた広場⑤の先のポプラの並木道路⑨の左右には合わせて30棟近い収容棟が並んでいたが、今は、左右一棟づつ再建され、当時の様子を再現している。

Dscn1471_2
この広場が、点呼の場所であった

Dscn1474
三段ベッド、トイレ、洗面所、ロッカーなどが並ぶ中を若い見学者が続く。所々で案内人の説明を聞いているグループに出会う


Dscn1469
1939年11月、ミュンヘンのビアホールBurgerbraukellerでのヒトラーの演説をねらって、たった一人でヒトラーの暗殺を計画、未遂に終わり、逮捕された家具職人ゲオルグ・エルザ―の独房である。「13分間の誤算」という映画にもなって、このブログでも紹介したことがあるエルザ―は、当局からは単独犯とは信じられず、きびしい追及が続けられていた。ベルリン郊外のザクセンハウゼン強制収容所を経て、ここダッハウに収容され、いわば解放直前の1945年4月9日に銃殺されている

Dscn1478
並木道路を奥に進み、再建バラックを振り返る

「想像してみよ、その死を」と問いかけられて

 半日のダッハウ強制収容所の見学ツアーは、火葬場⑪の際に立つ碑の警告を胸に終わることになる。Kさんとは、マリエン広場まで戻り、別れた。時間は予定よりもはるかに越えてしまったのだが、明日も、午後の半日、市内を案内していただくことになった。

Dscn1481

死者が出ると、火葬場があるエリアへと、この水路⑧を渡って、バラック”X”へ。収容所当初はミュンヘン市内の火葬場に運ばれたが、死者が続出すると、このエリアに火葬場を設置した 

Dscn1482

 「火葬場 考えて見よ、ここで、どんなふうに死んでいったのか」と

Dscn1492

シャワー室⑩を模したガス室 、この収容所では使用されなかったと言われるが

Dscn1493

ガス室前で、説明を聴く若い見学者たち 

Dscn1494
ユダヤ人は、土葬が常で、火葬は禁忌であったという

Dscn1429

 かつては、聖職者の収容棟や医学実験棟などがあった跡地。実験棟とは言うが、人体実験(人体が気圧の高低、気温の高低にどこまで耐えうるか)などが、実施されていたことが判明している


Dscn1497_2

 車体には、ダッハウ収容所のシンボルでもある慰霊碑が描かれているが、ほかにも城も教会もある街でもあります、とのメッセージか。半日の収容所見学の旅は終わる

 

|

« ミュンヘンとワルシャワ、気まま旅(2) | トップページ | ミュンヘンとワルシャワ、気まま旅(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミュンヘンとワルシャワ、気まま旅(2) | トップページ | ミュンヘンとワルシャワ、気まま旅(4) »