« 元号が変わるというけれど、73年の意味(1)全国戦没者追悼式と天皇 | トップページ | 元号が変わるというけれど、73年の意味(3)皇室とマス・メデイアとソーシャル・メディアと »

2018年8月16日 (木)

元号が変わるというけれど、73年の意味(2)象徴としての天皇の仕事とは

天皇という一人の人間の死去によって、あるいは退位の意思表示によって、元号、時代表示が変わるということが、この現代の日本で、当たり前のように受け入れられようとしている。これは、いったい何を意味するのだろうか。

 

201688日、天皇は、象徴としての任務を全うすることが難しくなったとして生前退位の意思を固め、象徴天皇としての役割をきちんと受け継いで欲しいという「お気持ち」を発信した。あの日の午後3時、どのテレビ局も一斉に、11分弱のビデオ・メッセージを流したのである。これを聴いたとき、天皇も、身体的に限界を感じて「仕事」を辞めたいということであれば、だれも止めることはできないだろうし、私も、個人の尊厳にもかかわる問題という認識で、当然のことと受け流していた。

 

 
  しかし、よくよく考えてみると、憲法上の国事行為は、限りなく形式的な行為であって、天皇自らの意思に基づいてなされる行為ではない。そのルーティンワークも、考えてみれば、精神的には過酷な任務であろうと思う。しかし、それに加えて、法律上は何ら規定のない「公的行為」、宮内庁のホームページには、「ご公務など」とあえて曖昧な表現をとる「仕事」として、前記事で述べたように列挙されている。これらの中には、明治天皇以来、昭和天皇以来という伝統的、慣例的な行事も多い。その上、平成期の天皇は、「象徴としての天皇の仕事」には、積極的に取り組んできた自負を、あのメッセージに滲ませていた。
象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(201688日)(宮内庁)

 

http://www.kunaicho.go.jp/page/okotoba/detail/12

 

たしかに、私たち国民の目に触れる天皇の言動は、純然たる国事行為や私的な活動に比べて、「象徴天皇としての仕事」が大部分ではなかったか。戦没者慰霊、国会開会式、被災地お見舞い、戦跡慰霊の旅、全国植樹祭、国民体育大会、全国豊かな海づくり大会、園遊会、外国の要人接待などの国際親善の場での姿や「おことば」であった。国民に寄り添いたい、国民に理解してほしいという天皇個人の気持ちや天皇夫妻のパーソナリティが表出されるのかもしれないが、そこには、それらのイベントには、膨大な政府の力、自治体の力、市民の力が拠出されていること、過剰なほどの労力や時間、予算がかけられていることはぬぐいようもない事実である。そして、その見返りとしての政治的利用を否定するわけにはいかないだろう。というより、天皇の政治利用を目論む権力が登場しても不思議はない。私たちは、歴史からそれを学んだはずである。

 

 
  実は、時の政府・省庁の選択による褒章制度、息のかかった選考委員による様々な顕彰制度、園遊会への招待にいたるまで、政治家や官僚、研究者や文芸に携わる人たち、ジャーナリストやスポーツ選手・芸人・タレントにいたるまで、政府批判はしない、明確な物言いや主張は避ける、政治的な発言はしない・・・、まさに権力は「刃物」を持たずして、メディアや職場や地域で、あるいは、それぞれの分野の「業界」で、自粛や自己規制の雰囲気を作り出すことができてしまっている。失うものがない、一般市民が頑張るしかないではないか。

 

これまで、私は、短歌という狭い世界から、皇室と現代歌人たちとの関係を「<選者>になりたい歌人たち」「祝歌を寄せたい歌人たち」(『現代短歌と天皇制』風媒社 2001年)、「勲章が欲しい歌人たち」「芸術選奨はどのように選ばれたのか」(『天皇の短歌は何を語るのか』御茶の水書房 2013年)などにおいて、検証してきたつもりである。天皇の代替わりを前に、元号が変わる前後に、現代歌人たちは、どんな短歌を詠み、何を語るのか、短歌メディアは、何を発信するのかを見届けたい。

 

 

 

 

|

« 元号が変わるというけれど、73年の意味(1)全国戦没者追悼式と天皇 | トップページ | 元号が変わるというけれど、73年の意味(3)皇室とマス・メデイアとソーシャル・メディアと »

コメント

「元号使用は特別なときだけに」
来年元号が変わるに際し再び明治、大正、昭和、平成と同様に新元号を遣いますと、年齢の計算などにはその都度西暦に換算し生活に不便を生じています。日常生活にまで元号を使わないで西暦表記にまとめればその手間がいりません。自治会、学校、市役所の文書も全て西暦にすれば簡潔にして、元号と西暦の二重表記もなくなります。西暦使用に慣れればすっきりします。行政文書は簡単明瞭で判りやすいのが一番です。現在の行政の計画書等が平成35年、40年等と、平成が30年で終わると解っていても作れています。行政文書は元号が原則なのでしょうが改正すれば良いと思います。習慣で元号を使い慣れた方には初めのうち戸惑うと思いますが、来年からは西暦に慣れてしまえばすっきりです。子供も中年も高齢者も日常の生活には西暦を使用してコミニケーションを充実し、特別な国家行事だけには元号を大事に遣うようにしたいものです。
立石武男

投稿: 立石武男 | 2018年8月21日 (火) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元号が変わるというけれど、73年の意味(1)全国戦没者追悼式と天皇 | トップページ | 元号が変わるというけれど、73年の意味(3)皇室とマス・メデイアとソーシャル・メディアと »