« 「没後50年藤田嗣治展」へ出かけました~「戦争画」とは何だったのか(2) | トップページ | わたしはだまされない~特殊詐欺のさまざま »

2018年9月30日 (日)

校正の合間に~満身創痍の1949年の『短歌研究』前後

いま、新著の校正に奮闘中なのだが、確認のため敗戦直後の古い『短歌研究』『日本短歌』のコピーを引きずり出している。1949年分の『短歌研究』の原本だけは手元にあるので、助かっている。必要個所だけのコピーではなく、一冊丸ごと読めるはありがたい。しかし、不急不要な文章や作品に引き込まれることもしばしばなのだ。もっとも、国立国会図書館に行けば、デジタル資料で頁を繰ることはできるのだけれど、臨場感が違う?と思うのは、昔の図書館員の感傷か。

亡兄の職場の廃棄本にしていまここに在り役立ちており

仙花紙の雑誌はらはら崩れ落ちパソコンのキイボードをよごす

冷めやらぬ「第二芸術論争」読み差して雑誌の補修に手を初めにけり

 

Img512_2
『短歌研究』1949年1月号、裏表紙が欠けている。満身創痍。亡き次兄が、初めての赴任先の都下の中学校で、図書館の先生が廃棄するのを頂戴してきたもの。1950年代後半だろうか。最終頁に蔵書印らしきものが見える。

Img514
『短歌研究』1949年9月号。巻頭論文は、伊藤信吉「現代史における<美>意識」、土岐善麿、松村英一、柴生田稔が編輯部が選んだ坪野哲久、近藤芳美、山本友一、香川進の最近作5首を評する「作品合評」がきびしい。11・12合併号では、坪野・近藤・山本が7月号の土岐・松村・柴生田の作品を評して切り返すという企画が面白い。


ついでに、

 P9300859
ゴミ類の整理に勝手口を出ると、キンモクセイすでに花をつけ始めていた

P9300860
庭のキンモクセイの下には、いまだ、主亡き犬小屋がそのままになっている。この間まで、辺りはヤマボウシの赤い実がいっぱい落ちていた。この犬小屋には、なつかしい思い出がある。連れ合いが、後から我が家にやってきた犬のため、玄関先で、二つ目の犬小屋を組み立てているのを、二匹はじっと見守っていた。そして、さあ、完成と、連れ合いが立ち上がったとたん、その新しい小屋に、前からの姉犬が、さっと入り込んで占拠した。あっけにとられてしまうという顛末があった。姉犬が新しい小屋を使い、妹犬は、相変わらず玄関先で過ごしていた。

|

« 「没後50年藤田嗣治展」へ出かけました~「戦争画」とは何だったのか(2) | トップページ | わたしはだまされない~特殊詐欺のさまざま »

コメント

お兄様のエピソード、ワンちゃんのエピソード、共に情景が浮かび心が暖かくなりました。犬小屋のお話しはまるで私たち姉妹の様だと、読んでいて笑みがこぼれました。もちろん、私は妹です。大切な姉は今入院、治療中。入院も半年を過ぎ、私も東京を離れ、慣れない土地(山口県周防大島)でずっと付き添っています。姉は今、完治を目指しがんばっています。春には元気になった姉と東京に戻りたいです。

投稿: watanabe | 2018年10月 3日 (水) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「没後50年藤田嗣治展」へ出かけました~「戦争画」とは何だったのか(2) | トップページ | わたしはだまされない~特殊詐欺のさまざま »