« わが町の市長選も終わってみれば、現職を破った新人というが? | トップページ | 改元の狂騒の中で~「寄り添う」という言葉のうらおもてを考える »

2019年4月26日 (金)

5月18日、「斎藤史」について報告することになりました。付・書評・紹介一覧

 今年の1月に『斎藤史『朱天』をから『うたのゆくへ』の時代』(一葉社)を出版しました。そんなこともあって、「短歌サロン九条」から「斎藤史」について報告をとの依頼がありました。「短歌サロン九条」は、隔月で、開催されている勉強会で、すでに60回も続いています。私が初めて参加し、「沖縄にける天皇の短歌は何を語るのか」の報告をしたのが、2017年1月でした。その後、昨年1月には、寺島博子さんの「葛原妙子と斎藤史」についてのお話を聞くことができました。今回は、「斎藤史」について報告しますが、斎藤史の短歌の愛読者の方はもちろん、関心のある方の参加をお待ちしています。そして、ご意見などお聞かせいただければうれしいです。

****************************

「短歌サロン九条」第61回例会

日時:2019年5月18日(土)午後2時~

場所:八丁堀・珈琲パンドラ(東京都中央区八丁堀2-8-1)
                                       (03-3553-7487)

報告:内野光子「斎藤史について」

会費:1000円(珈琲代含む)

*****************************

会場の「パンドラ」は、地下鉄日比谷線「八丁堀」、日比谷線・東西線「茅場町」、都営浅草線「宝町」のいずれからも近いですが、店名や番地で検索してみてください。八丁堀2-9の「八丁堀中央局」の隣の街区になります。

なお、今回の拙著を事前にお読みいただければ幸いですが、当日配布の報告要旨や資料も準備中です。その後半では、拙著からはやや離れ、次のような流れになるかと思います。

  1. 今回の私の本は、資料部分が半分近くを占める構成になっています。その一部を使って、まず、『全歌集』への収録の際に『朱天』における削除・改作の実態を知り、その意味を探ります。
  2. 実態を知るにつれ、戦時下の作品について、後世~戦後になって、どのように対応・処理するのかという、多くの歌人が直面した共通する課題と重なりました。彼らの選択のパターンを何人かの著名な歌人で検証します。
  3. それらの選択を、自覚的にせよ、無自覚的にせよ、受容してきた戦後歌壇、現代歌人たちについて考えます。

 

また、新拙著には、次のような紹介や書評をいただいております。ありがとうございます。私信やツイートなどでいただいたご批判やお励まし、ありがとうございます

・会澤清:紹介『斎藤史『朱天』』から『うたのゆくへ』の時代』

  (ちきゅう座   2019114日)

・紹介『斎藤史『朱天』から『うたのゆくへ』の時代』

 (日本古書通信1075号 20192月)

・江田浩司:評論月評第6・7回 (『斎藤史『朱天』』から『うたのゆくへ』の時代』に触れて)

  (短歌往来   20193月・4月)

小石雅夫:『斎藤史『朱天』から『うたのゆくへ』の時代』紹介(50人に聞く2018年のベスト歌集・歌書特集)

 (短歌往来 2019年3月)

・今井正和:歌壇時評29   (くれない 2019年2月)

・吉川宏志:言葉にうおって事故の人生を染め替えようとする意識~なぜ歌人・斎藤史は言葉を変えたのか                

   (図書新聞 201946日)   *以下一葉社のホームページからもご覧になれます。

https://ichiyosha.jimdo.com/齋藤史-朱天-から-うたのゆくへ-の時代/

・田中綾:書棚から歌を (北海道新聞 2019年4月28日)*三浦綾子記念文学館田中綾館長特設サイト「綾歌」からもご覧になれます。

  https://www.aya-kancho-hk.jp/?page_id=32

・寺島博子:ゆるぎない視座 (現代短歌新聞 2019年5月5日)

・斎藤寛:「私」語りの再審(うた新聞 2019年7月10日)

・阿木津英:上半期の三冊の一冊として短評(図書新聞 2019年7月10日)

・寺島博子:深淵に望む眼差し(歌壇 2019年8月)

 

わが家のウラシマソウが苞をつけました。草むしりをすると、飛び出してくるトカゲも・・・。                                 

Kimg0023-2

2019-4-kimg0029

 

 

|

« わが町の市長選も終わってみれば、現職を破った新人というが? | トップページ | 改元の狂騒の中で~「寄り添う」という言葉のうらおもてを考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« わが町の市長選も終わってみれば、現職を破った新人というが? | トップページ | 改元の狂騒の中で~「寄り添う」という言葉のうらおもてを考える »