« はじめてのオランダとハンブルグへの旅は始まった(5)アムステルダム国立美術館 2 | トップページ | はじめてのオランダとハンブルグへの旅は始まった(7)ハーグへ »

2019年7月29日 (月)

はじめてのオランダとハンブルグへの旅は始まった(6)運河クルーズというけれど

 国立美術館を後にして、夕方は、といっても、まだまだ日差しが強い。中央駅前の遊覧船乗り場へ。50分弱で、12€とのこと。ここぞとばかり、チケット売り場で、二人の財布にたまった小銭をそろえて渡すと、小銭分は受け取らないというのだ。美術館の売り場などでは使うことが出来たのにと、何となく腑に落ちない。船はたちまちに満席となって、出発した。オランダ語と英語のガイドが流される。どんどん景色が変わっていく上に、窓越しなので、写真も思うように撮れなかったのが残念だった。

Dsc00437

Dsc00448

見どころの一つ、七つの橋が見通せるスポットというのだが。

Dsc00464

船の形をした、科学技術博物館でした。

Dsc00459

だいぶ波が荒くなってきた。

Dsc00271

遊覧船を降りて、ふたたび中央駅前、ビクトリアホテル前で振り返ると、旧教会の尖塔が見えた。

Dsc00479
お目当ての、ガイドさんからも進められたお店を探しに、ダム広場に向かう途中、どうもタトゥーの専門店?の看板が見えた。ともかく、若い人に限らず、タトゥーをあらわに見せて?いる人がなんと多いことか。スーパーのレジのおばさんの手の甲にも、家族連れの若いお父さんお母さんも、屈強な男性の腕一杯の見事な花の絵だったり、若い細身の女性の二の腕にも・・・、というわけで、写真を撮りたい衝動にも駆られたが、見送るばかりだった。

Dsc00475
ダム広場では、ミュージシャンと日陰に集う人々、奥の広場では大きなシャボン玉を飛ばす芸人さんもいて、子どもたちが追いかけていた。ようやく見つけた店は、なんと、閉まっていて、しばらく前から休業中らしく、張り紙はあったが、その理由は読み取れなかった。

 夕食は、駅近くのピザ屋さんで。この日、1万2755歩。

|

« はじめてのオランダとハンブルグへの旅は始まった(5)アムステルダム国立美術館 2 | トップページ | はじめてのオランダとハンブルグへの旅は始まった(7)ハーグへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はじめてのオランダとハンブルグへの旅は始まった(5)アムステルダム国立美術館 2 | トップページ | はじめてのオランダとハンブルグへの旅は始まった(7)ハーグへ »