« はじめてのオランダとハンブルグへの旅は始まった(4)アムステルダム国立美術館 1 | トップページ | はじめてのオランダとハンブルグへの旅は始まった(6)運河クルーズというけれど »

2019年7月26日 (金)

はじめてのオランダとハンブルグへの旅は始まった(5)アムステルダム国立美術館 2

 

  アムステルダムを夢中で歩いていた日から、はや1カ月もたってしまった。記憶もだんだん薄れてゆくのだが、わずかなメモを頼りに、記しておきたい一心で。

 喫茶室で一息入れてから、まためぐり始める。さまざまな絵に登場する犬、そのさまざまな表情や姿が印象的だったのは、かつてわが家に二匹の犬が暮らしていた頃を思い出したからかもしれない。

Dsc00371

 

Dsc00401

アルベルト・カイプ「旗手と川のある風景」右手の赤い服を着た人の足元に身を低くく座っている犬がいる

Dsc003883hooch

Dsc0037

Dsc00411

Img226

 

Img227
ここにもあったゴッホの自画像(1887年)、パリ時代、歯を抜いた後だったという。

Photo_20190726105101 
朝方の涼しさとは違って、強い日差しの中、庭園の噴水、間歇的に低くなったり高くなったり、その間を縫って出たり入ったり、若者たちが楽しんでいた

|

« はじめてのオランダとハンブルグへの旅は始まった(4)アムステルダム国立美術館 1 | トップページ | はじめてのオランダとハンブルグへの旅は始まった(6)運河クルーズというけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はじめてのオランダとハンブルグへの旅は始まった(4)アムステルダム国立美術館 1 | トップページ | はじめてのオランダとハンブルグへの旅は始まった(6)運河クルーズというけれど »