« はじめてのオランダとハンブルグへの旅は始まった(16)ハンブルグ市立美術館へ | トップページ | あらためて、髙村光太郎を読んでみた(1)教科書の中の光太郎 »

2019年8月31日 (土)

はじめてのオランダとハンブルグへの旅は始まった(17)ハンブルグ歴史博物館を最後に、旅も終わる

午後にハンブルグを発って、ドゴール空港乗り換えで、帰国する日がとうとうやって来た。午前中に、きのう休館で見学しそこなった歴史博物館は見ておこう、と今日ばかりは、少し遠回りだが、市庁舎広場を通り越して、jungfernstiegからU2でシュランプ乗り換えでサンクト・パウリへと行く。博物館の中は、私たちにはやはりわかりにくいが、貿易により大発展を遂げた海運都市時代の展示も、ゆっくり見たら面白いのだろうけれど、ともかく現代を中心にということで、大急ぎの見学になった。

Img258
ガイドブック。

Dsc00802_20190831010001
博物館中庭。

Dsc00799
館内から ドームを見上げる

P703495

P7034962

P7034974
ナチスの時代。

 見学もそこそこに、はやめにハンブルグ空港に向かい、念のため、荷物がどうなっているか、訪ねてみることにした。そして、係員と一緒に案内されたのが、バッゲジ・トレース・センター、到着時にロスト・バゲッジを申し出たところだ。すると、一緒に探しにということで、ターンベルトの横に置き去りになっている、いくつかの塊の中に、ないかという。え?こんなところにまだほっとかれているの?そしてさらに、そうした荷物が、床いっぱいに置かれている部屋3つくらいまわっても、もちろん見つからない。そして、4つ目ほどの部屋だったろうか、夫が探し出したのである。ナンバーを照合して、落着。何のことはない、ずっとこんな具合に、ほっと置かれたのである。腹立たしいKLMの対応に、怒りが収まらない。ともかく見つかったのだから、良しとしようか。いろいろあったけれど、無事に帰れそうではあった。(了)

 

 

|

« はじめてのオランダとハンブルグへの旅は始まった(16)ハンブルグ市立美術館へ | トップページ | あらためて、髙村光太郎を読んでみた(1)教科書の中の光太郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はじめてのオランダとハンブルグへの旅は始まった(16)ハンブルグ市立美術館へ | トップページ | あらためて、髙村光太郎を読んでみた(1)教科書の中の光太郎 »