« コロナ禍の五輪は中止して!天皇の「五輪で感染拡大の懸念」拝察発言の違憲性 | トップページ | 代替わりに見る天皇の短歌と歌人たち―平成期を中心に(1)昭和天皇の死去報道において、天皇の短歌が果たした役割 »

2021年7月 7日 (水)

職域ワクチン接種はどうなってしまったのか?まさに「捕らぬタヌキの皮算用」ではないか!

 私は、7月3日に、高齢者としてかかりつけ医のところで、第1回目のワクチンを接種した。2回目は、今月末であり、連れ合いの2回目は8月にづれ込んでいる。 
 NHKの「新型コロナウイルス」特設サイトによれば、全国で2回目の接種が完了しているのは14.41%、東京都の高齢者は38.95%、千葉県で35.43%(7月5日現在)という状況である。
 
高齢者接種でもこんな進捗状態なのに、6月21日には、本格的に大手企業の職域接種まで手を広げ、その従業員の家族にまで接種するとまで発表していた。

 数日後、知人から、勤める会社のグループでもワクチン接種が始まるとの電話があって、それは安心だねと喜んだ。7000回分ながら全員分ではないので、どんな順番になるのかなとも言っていた。6月28日には、河野担当大臣は、あちこちの会社の接種会場にまで出かけて、その加速ぶりをアピールし、そんな報道も一斉になされた。KADOKAWAグループや吉本の接種会場では、漫画のキャラクターやお笑い芸人と記念写真を撮ってはしゃいでいた。

628
6月28日、吉本新劇において、東京会場?

 ところが、職域接種の要望が多すぎて、余分に上乗せして申請する会社もあるとか、配送に問題があるとかで、受付を一時休止すると発表したのが6月23日。受付を休止するのだから、受付済みの会社は、大丈夫と思っていたところ、知人からは、社内での接種希望者を募り始めるという段取りになっていた7月5日、突如、供給が滞っているので、ワクチン接種は中止になったというメールが入っていた。ええーそんなことってあるの?と驚き、わがごとのように腹立たしい思いをしている。

 今日、7月7日の報道によれば、なんと5月連休頃には、モデルナのワクチンの4000万回供給が不可能なことが分かっていたというのである。

Img160_20210707142801
7月7日「朝日新聞」より

 そもそも、政府がワクチンメーカーと協議した、合意したとかのニュースは、「捕らぬ狸の皮算用」であったのだ。その上、実現不可能なことが分かりながら、ワクチン接種を加速させる、加速していると、ウソをついていたことになる。都議選が終わったとたん、実はと、不都合な事実を開陳するに及んだというわけか。なんともお粗末な顛末であることか。

Img_0611  


Img_0613

いずれも7月7日テレビ朝日「羽鳥モーニングショウ」のパネルより

 住まいの隣町でもある八街市で、下校時の児童の交通事故で死傷者を出した事件、歩道も路側帯もない、交通量の多い道路での事故であった。私も、数年間、交差点の一つで、小学生の登下校時の見守りを続けていただけに、これも他人事には思えなかった。全国の通学路の安全点検と整備を指示したという菅総理、八街の事故現場に出向いて花を供えたというニュースには、いささか驚いた。現場に赴くことでは、なんの解決にもならない、これも都議選前のパフォーマンスにも思えたのである。

 

 

|

« コロナ禍の五輪は中止して!天皇の「五輪で感染拡大の懸念」拝察発言の違憲性 | トップページ | 代替わりに見る天皇の短歌と歌人たち―平成期を中心に(1)昭和天皇の死去報道において、天皇の短歌が果たした役割 »

コメント

接種したのですか。感心です。小生はしません。意味ないからです。マスクもしません。もっとも、ほとんど外出しませんが……。観客ナシのオリンピック、野次馬は期待してテレビで見ましょう。何年まえでしたか、外国でオリンピック開催と重なった時がありましたが、テレビで放送してませんでした。日本だけですね、大騒ぎするのは。そしてすぐ忘れます。

投稿: 濡れカラス | 2021年7月10日 (土) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コロナ禍の五輪は中止して!天皇の「五輪で感染拡大の懸念」拝察発言の違憲性 | トップページ | 代替わりに見る天皇の短歌と歌人たち―平成期を中心に(1)昭和天皇の死去報道において、天皇の短歌が果たした役割 »