« 断捨離の手が止まる (2) 戦前期『ポトナム』の気になる歌人たち | トップページ | 小石川、文学散歩に参加した~サクラには少し早かったが(1) »

2024年3月28日 (木)

“小さい春”見つけた

 我が家の庭にも“小さな春”がやって来た。「根性スミレ」があちこちに花をつけ始めた。

2024-3_20240328162601
玄関への階段の隅に、外には側溝と石垣の間に咲いていた。

 庭のスイセンは、咲き始めて久しく、先日の嵐のような雨にも耐えてきた。いっときのあったかさで、ヒヨはもう来ないのではと思っていたが、しっかりとエサ台を監視しているかのようであった。夫は、そのヒヨドリのために糖度の高いミカンを、糖度表示があるイオンタウンまで買いに出るほどである。

20243_20240328155301

 きのう、ご近所のいつもの方から、菜の花を、「今、摘んできたとこだよ」といただいた。折も折、夫は、数日前の「3分クッキング」を見ていて、「牛肉と菜の葉の豆鼓炒め」を今日作ると張り切っていたところのタイミングだった。豆鼓だけは、スーパーに走り、SBの小袋(ベトナム産)を買ってきて、牛肉の200グラムと菜の花をたっぷり使って、夕飯のお惣菜となった。私は今年初めての竹の子をゆで、煮物と竹の子ご飯を供した。

20243_20240328155302
リビングの日差しも春めいて。

20243_20240328155401
球根の手入れもしないのに、定位置で毎年咲いてくれる黄スイセン

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 断捨離の手が止まる (2) 戦前期『ポトナム』の気になる歌人たち | トップページ | 小石川、文学散歩に参加した~サクラには少し早かったが(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 断捨離の手が止まる (2) 戦前期『ポトナム』の気になる歌人たち | トップページ | 小石川、文学散歩に参加した~サクラには少し早かったが(1) »