2012年5月16日 (水)

自治会での募金や寄付に疑問をお持ちの方へ

 これまで、私も何度か、自分の住む町の自治会や自治体での体験を通して、自治会における寄付や募金への疑問とその対応を記事にしてきました。それらの記事へ、多くのコメントをいただいているのですが、このたび、盛田守さんとまっとうさんからいただいたコメントを紹介させていただきます。
 自治会の役員になられて、あらためて疑問を持った方、疑問を呈するものの自治会の旧態を変えることが出来なかった方、あるいは問題解決にどんな方法があるか模索されている方が多いように思いました。お二人はご自分の自治会で奮闘されてきた方です。これらのコメントをヒントになさってはいかがでしょうか。

  すでにご紹介しましたが、navajoさんの4月13日のコメントと自らたちあげられたブログも、合わせてご覧ください。

http://tiikikatudou.blogspot.jp/2012/04/23-400-4-23511-23-20-httpwww.html

 

| | コメント (0)

2011年4月13日 (水)

「すてきなあなたへ」62号を登載しました。

今号は、急遽、東日本大震災特集といたしました。「地震、また、地震」を寄稿されたHさんは、ご近所の友人です。貴重な体験を綴っていただきました。寄稿の皆様ありがとうございました。

左欄の「すてきなあなたへ」62号をクリックしてください。

目次

地震、また、地震
被災と支援の気持ち
帰宅困難者になって
岩名青少年センターに救援の品々を届けると ~佐倉市の被災者支援はこれでいいの?
八千代ふれあいプラザ ~被災者のため、開放
菅沼正子の映画招待席 34 ブルーバレンタイン~愛が生れる時と壊れる時

3月11日、私は、浅草公会堂で開催中の「東京大空襲展」最終日に出かけ、久しぶりに浅草寺に立ち寄り、吾妻橋を渡ったところで昼食、銀座線の渋谷で乗換え、新宿に向かう途中で地震に遭い、帰宅困難者の一人となったった。

               
                              浅草公会堂、東京大空襲展

Gedc1169
             
             浅草寺への道    Gedc1203               

             浅草寺境内よりのぞむスカイツリー
Gedc1202

              

| | コメント (0)

2010年3月 5日 (金)

ボランティアっていうけれど、いろいろですね

  佐倉市内の組合方式による井野東土地区画整理事業はまだ進行中だが、その一部の工区の完成に伴い、マンションが建ち、商業施設が営業を始めた。その区域へのアクセスとしてユーカリが丘線をまたぐ形の傾斜10度に近い陸橋が新設され、開通した。この急な坂道と既存の幹線道路との交差路は、小中学校の通学路にもなっていた。坂下の危険性については早くより地元自治会からの指摘があり、信号機設置などの安全対策が要請されていた。組合の主たる地権者で業務代行でもある地元の開発業者(「山万」)は、工区の造成中やマンション・商業施設の建設中は、建設会社の負担で交通整理要員を配置していた。20097月、工事の終了後わずかで要員が引き上げられてしまった。工事車両の出入りはなくなったが、スーパーの買い物客や通りぬけの車が増えた。自治会は、開発業者の協力も得て要員配置の継続を希望したが、応じてもらえなかった。坂道と既存道路の歩道に自転車一時停止のポールを3か所設置したものの、通学路としての危険性は依然として解消しないままである。

 そこで、自治会は、小学校長、PTAと相談の上、会員のボランティアによる通学時の交通整理要員を配置することにした。朝の715分から30分間、午後3時から40分間、いまは多いとはいえないボランティアが2人ひと組で「交通見守り」を続け、児童たちの横断の安全確保に心がけている。私も昨年9月から週2回ほど参加して7か月になる。自分の子育て以降はじめて接する小学生たち、最初は挨拶するにも、「横断中」の旗を振るのもなんとなくぎごちなかったが、いつしか、子どもたちの方から挨拶してきたり、話しかけてきたり、なかにはいたずらを仕掛けてきたりするようになった。この交差点で毎回友だちと待ち合わせる男の子、大勢の下級生をしっかりと引き連れてくる女の子、いつもおしゃべりに夢中な女の子・・・。ふざけながら横断したりする子どもには、思わずかけよって止めることもある。ときどき姿を見せる小学校の校長や先生、PTA会長や当番の相方とのコミュニケーションもある。やっていることはささやかながら、得るものは大きかった。といって、長く続けるというのは結構むずかしい。

 「長続きすることのむずかしさ」で、思い起こすのは、毎朝早く、ゴミ拾いを 一人で続けている同じ町内のSさんのことだ。Sさんが早朝一人で3種類くらいのゴミ袋をもって街のゴミを拾っているのを知って、もう10年にもなるだろうか。私は朝の犬の散歩でときどき出会ってお話を聞く。Sさんは、退職後、健康のために続けていると、こともなげにいうが、その歩く範囲が半端ではない。自治会でいえば、少なくとも78の自治会区域におよび、世帯にしたら数千になるのではないか。日ごと巡回場所を変えているのだろうか、神出鬼没なのだ。市役所の担当からは、ゴミ袋を届けてもらい、いっぱいになったゴミ袋は、所定の場所に置いて回収してもらうようである。この町にも、複数のボランティア団体がユニホームを着たり腕章をつけたりして防犯パトロールや一斉清掃をするのを見かけるが、自分たちの「おしゃべり」に余念がなく、ゴミ袋はいつも軽そうだ。Sさんは、かつて中学生のマナーの悪さを嘆いていた時期もあったし、開発途中の街のゴミ管理にも苦言を呈していた。いまは、悪質な一部の大人たちが粗大ゴミ、吸殻、カン・ビン、生ゴミなどを路上に捨て去っていくのが、気になっているという。目には見えない、そうした人たちとの闘いでもある、ともらしていた。それにしても、とSさんは嘆く。機会があって、自らの経験を踏まえ、この町の美化について地元の開発業者に提言したことがあったそうだ。しかし、感謝の一言もなく、事務的な一通の文書が届いたきりだったという。派手な宣伝や小賢しい広報戦略?だけが目につく業者のやりそうなことのように思われた。それでもSさんは、一人、ゴミを拾いながら朝もやの街に消えて行った。 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

CIA | NHK | TPP | すてきなあなたへ | アメリカ | イギリス | インターネット | ウェブログ・ココログ関連 | オリンピック | オーストリア | ジェンダー | ソ連邦・ロシア | チェコ | デンマーク | ドイツ | ニュース | ノルウェー | パソコン・インターネット | フェルメール | フランス | ベルギー | ボランティア | ポーランド | マイナンバー制度 | マス・メディア | マンション紛争 | ミニコミ誌 | ラジオ・テレビ放送 | 世論調査 | 住民自治会 | 佐倉市 | 千葉市 | 千葉県 | 原発事故 | 台湾 | 台湾万葉集 | 吉野作造 | 喫茶店 | 図書館 | 国民投票法案 | 土地区画整理事業 | 地方自治 | 地震_ | 大店法 | 天皇制 | 女性史 | 寄付・募金 | 年金制度 | 憲法 | 憲法9条 | 成田市 | 戦争 | 戦後短歌 | 教科書 | 教育 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 旅行・文化 | 日本の近現代史 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朗読 | 東京大空襲 | 横浜 | 歌会始 | 池袋 | 沖縄 | 消費税 | 災害 | 特定秘密保護法 | 環境問題_ | 生協活動 | 短歌 | 社会福祉協議会 | 社会詠 | 福祉 | 紙芝居 | 経済・政治・国際 | 美術 | 美術展 | 航空機騒音 | 表現の自由 | 規制緩和 | 趣味 | 近代文学 | 道路行政 | 都市計画 | 集団的自衛権 | 韓国・朝鮮 | 音楽