2007年12月30日 (日)

マイリリスト「短歌の森」に『「社会詠」論議の行方』を登載しました

『ポトナム』誌上「視点」欄において1月から連載が始まりました。
青磁社のホームページで始まった「社会詠」論争の軌跡をたどり、そこに展開された小高賢・大辻隆弘・吉川宏志の主張を検証します。2月号には、続編「ふたたび『社会詠』論争の行方」を掲載する予定です。

| | コメント (1)